Error Messages

Error Message and Trouble Shooting

Trouble Shooting (jp)

Dump Trace File for Troubleshooting

retrieve lock status

howto trace oracle network service (jp)

Error Message

Overview

Oracle record errors with error codes.

Preparation

Oracle Version Compatibility

Error Message List

ORA-0 - ORA-847 jp
ORA-910 - ORA-1497 jp
ORA-1500 - ORA-2098 jp
ORA-2140 - ORA-4099 jp
ORA-4930 - ORA-7499 jp
ORA-7500 - ORA-9859 jp
ORA-9870 - ORA-12100 jp
ORA-12150 - ORA-12236 jp
ORA-12315 - ORA-12354 jp
ORA-12400 - ORA-12497 jp
ORA-12500 - ORA-12699 jp
ORA-12700 - ORA-13990 jp
ORA-14000 - ORA-15605 jp
ORA-16000 - ORA-19400 jp
ORA-19500 - ORA-19960 jp
ORA-19999 - ORA-24279 jp
ORA-24280 - ORA-27550 jp
ORA-28000 - ORA-28674 jp
NZE-28750 - NZE-29249 jp
ORA-29250 - ORA-30996 jp
ORA-31000 - ORA-32775 jp
ORA-32800 - ORA-32857 jp
ORA-33000 - ORA-37999 jp
ORA-38290 - ORA-39962 jp
ORA-41000 - ORA-43610 jp
ORA-41100 - ORA-42399 jp
NZE-43000 - NZE-43210 jp
ORA-43750 - ORA-44913 jp
ORA-46000 - ORA-46180 jp
ORA-47000 - ORA-47999 jp
DIA-48100 - DIA-51316 jp
ORA-53000 to ORA-5436 jp
ORA-54500 - ORA-56974 jp
ORA-57000 - ORA-57000 jp
ORA-61000 - ORA-62500 jp
EXP-0 - EXP-113 jp
IMP-0 - IMP-401 jp
SQL*Loader-100 - SQL*Loader-3120 jp
KUP-552 - KUP-1121 jp
UDE-1 - UDE-53 jp
UDI-1 - UDI-53 jp
DBV-200 - DBV-201 jp
NID-1 - NID-604 jp
DGM-1690 - DGM-179 jp
LCD-100 - LCD-219 jp
OCI-601 - OCI-31199 jp
QSM-501 - QSM-3120 jp
RMAN-550 - RMAN-2512 jp
LRM-100 - LRM-123 jp
LFI-2 - LFI-1523 jp
PLS-49 - PLS-1916 jp
PLW-5000 - PLW-7206 jp
AMD-100 - AMD-160 jp
CLSR-1 - CLSR-6507 jp
CLSS-1 - CLSS-3202 jp
CRS-184 - CRS-2292 jp
EVM-1 - EVM-901 jp
CLST-1 - CLST-3203 jp
CLSD-1001 - CLSD-2009 jp
PROC-1 - PROC-106 jp
PROT-1 - PROT-807 jp
TNS-0 - TNS-12699 jp
NNC-1 - NNC-501 jp
NNO-50 - NNO-854 jp
NNL-1 - NNL-1078 jp
NPL-100 - NPL-420 jp
NNF-1 - NNF-4009 jp
NMP-1 - NMP-11 jp
NCR-1 - NCR-4028 jp
O2F-301 - O2F-341 jp
O2I-101 - O2I-133 jp
O2U-200 - O2U-212 jp
PCB-1 - PCB-903 jp
PCC-1 - PCC-1515 jp
PCC-2010 - PCC-2460 jp
SQL-1075 - SQL-2158 jp
AUD-611 - AUD-809 jp
IMG-1 - IMG-2014 jp
VID-611 - VID-721 jp
DRG-10 - DRG-5235 jp
LPX-0 - LPX-1093 jp
LSX-1 - LSX-344 jp
PGA-2900 - PGA-2214 jp
PGU-100 - PGU-5101 jp

ORA-4031 ORA-04031
ORA-18008 ORA-08104
ORA-1041 ORA-01041

Bug

bug:6814520
bug:5761185

Monitoring error

monitor error with keywords

Oracle ordinary error codes

ORA-
NZE-
DIA-
EXP-
IMP-
SQL*Loader-
KUP-
UDE-
UDI-
DBV-
NID-
DGM-
LCD-
OCI-
QSM-
RMAN-
LRM-
LFI-
PLS-
PLW-
AMD-
CLSR-
CLSS-
CRS-
EVM-
CLST-
CLSD-
PROC-
PROT-
TNS-
NNC-
NNO-
NNL-
NPL-
NNF-
NMP-
NCR-
O2F-
O2I-
O2U-
PCB-
PCC-
SQL-
AUD-
IMG-
VID-
DRG-
LPX-
LSX-
PGA-
PGU-

OS error code

  • return value != 0
  • Linux-x86_64 Error:
  • rm: cannot remove

Example:

rm: cannot remove `/u01/oradata/somesid/exp/*.dmp': No such file or directory removing

Recommended Error Processing Pattern

  • Check return value of every step
  • Return 0 when no error, otherwise error reason
  • Write error code and reason to log file
  • When error happend, let user select continue or abort.

A error output method better than sqlerrm

階層方エラーが起こった場合、根本的なエラーはSQLERRMで処理すると、わからなくなることがありえる。
DBMS_UTILITY.FORMAT_ERROR_STACKで処理すると安全である。

  BEGIN
    RAISE NO_DATA_FOUND;
  EXCEPTION
     WHEN OTHERS
     THEN
        DBMS_OUTPUT.put_line (DBMS_UTILITY.FORMAT_ERROR_STACK);
  END;
  /
 
ORA-01403: no data found

DBMS_UTILITY

DBMS_UTILITYサブプログラムの要約

ACTIVE_INSTANCESプロシージャ アクティブなインスタンスを戻します。
ANALYZE_DATABASEプロシージャ データベース内にあるすべての表、クラスタおよび索引を分析します。「推奨されないサブプログラム」も参照してください。
ANALYZE_PART_OBJECTプロシージャ 指定した表および索引を分析します。
ANALYZE_SCHEMAプロシージャ スキーマ内にあるすべての表、クラスタおよび索引を分析します。「推奨されないサブプログラム」も参照してください。
CANONICALIZEプロシージャ 指定した文字列を正規化します。
COMMA_TO_TABLEプロシージャ カンマで区切られた名前のリストを、名前のPL/SQL表に変換します。
COMPILE_SCHEMAプロシージャ 指定したスキーマ内にあるすべてのプロシージャ、ファンクション、パッケージおよびトリガーをコンパイルします。
CREATE_ALTER_TYPE_ERROR_TABLEプロシージャ ALTER TYPE文のEXCEPTION句で使用するエラー表を作成します。
CURRENT_INSTANCEファンクション 現在接続しているインスタンス番号を戻します。
DATA_BLOCK_ADDRESS_BLOCKファンクション データ・ブロック・アドレスのブロック番号部分を取得します。
DATA_BLOCK_ADDRESS_FILEファンクション データ・ブロック・アドレスのファイル番号部分を取得します。
DB_VERSIONプロシージャ データベースに関するバージョン情報を戻します。
EXEC_DDL_STATEMENTプロシージャ parse_stringでDDL文を実行します。
FORMAT_CALL_STACKファンクション 現行のコール・スタックをフォーマットします。
FORMAT_ERROR_BACKTRACEファンクション 現行のエラーのポイントから、エラーがキャッチされた例外ハンドラまでのバックトレースをフォーマットします。
FORMAT_ERROR_STACKファンクション 現行のエラー・スタックをフォーマットします。
GET_CPU_TIMEファンクション 現在のCPU時間を100分の1秒単位で戻します。
GET_DEPENDENCYプロシージャ 渡されたオブジェクトの依存関係を示します。
GET_HASH_VALUEファンクション 指定した文字列についてハッシュ値を計算します。
GET_PARAMETER_VALUEファンクション 指定したinit.oraパラメータの値を取得します。
GET_TIMEファンクション 現在の時間を100分の1秒単位で検出します。
INVALIDATEプロシージャ データベース・オブジェクトを無効化し、オプションでそのPL/SQLコンパイラのパラメータ設定を変更します。
IS_CLUSTER_DATABASEファンクション このデータベースがクラスタ・データベース・モードで実行しているかどうかを検出します。
MAKE_DATA_BLOCK_ADDRESSファンクション ファイル番号とブロック番号を指定して、データ・ブロック・アドレスを作成します。
NAME_RESOLVEプロシージャ 指定した名前を解決します。
NAME_TOKENIZEプロシージャ 指定した名前を解析するためにパーサーをコールします。
PORT_STRINGファンクション Oracleとオペレーティング・システムのバージョンを一意に識別する文字列を戻します。
TABLE_TO_COMMAプロシージャ 名前のPL/SQL表を、カンマで区切られた名前のリストに変換します。
VALIDATEプロシージャ 名前のPL/SQL表を、カンマで区切られた名前のリストに変換します。

Reference:
http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/102/doc_cd/appdev.102/B19245-02/d_util.htm

また、DBMS_UTILITY.FORMAT_CALL_STACK は実行のスタックを表示できる。デバッグに役に立つ。

batch error processing keywords

  • error occured
  • found error
  • … failed

identify error message

Windows:
echo msgtxt rdbms ora 10046 | oratclsh | findstr "ora-10046"
 
Linux/Unix:
echo msgtxt rdbms ora 10046 | oratclsh | grep "ora-10046"

See Also

http://yong321.freeshell.org/freeware/Windowsoerr.html
http://yong321.freeshell.org/freeware/oerr_pl.txt